大豆は「畑の肉」といわれるほど良質なたんぱく質として有名ですが、
この大豆が作り出す化学物質「ファイトケミカル」のうち、
特に「イソフラボン」がバストアップの面からも注目されています。

イソフラボンはフラボノイド系ポリフェノールの一種で、
主に大豆や葛(くず)など、豆科の植物に多く含まれる成分です。

ところが、このイソフラボン!
化学構造式が女性ホルモンのエストロゲンにそっくりなんですね。
その働きもエストロゲンに似ていることがわかっています。


では、そのエストロゲンとはなんでしょう?

エストロゲンには、
 ・動脈硬化や高血圧を防ぐ
 ・骨の成分が溶け出すのを抑えて骨粗しょう症を予防する
 ・細胞の潤いと柔軟性を守り皮膚や粘膜を健康に保つ
 ・自律神経のバランスを整える
等々の働きがあり、特に女性にとって大変重要な役割を果たします。

ところが、女性は40代後半くらいになると、このエストロゲンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れ、さまざまな自律神経の失調症状があらわれるようになります。
これが更年期症状で、ひどい場合にはホルモン補充療法や漢方薬による治療が行われます。


このとき、エストロゲンは減少しても、エストロゲンに似た働きをする成分が取れればいいわけですね。

そこで注目されているのが、イソフラボンです。
そして、そのイソフラボンを多く含有する「大豆」が見直され、「大豆イソフラボン」がエストロゲンのように女性ホルモンに働き掛けるので、バストアップ治療にも用いられるようになったのです。

大豆イソフラボンはエストロゲンより作用は弱いため、毎日の食事やサプリメントで摂取していくのがよいでしょう。